管理人おすすめ

仮想通貨 IOTAとは? ビットコイン ネム リップルより上がる?最前線情報を池上彰ホリエモンよりわかりやすく解説

管理人おすすめ
GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。 グループ内のオンライン金融サービスでの知見を活かし、お客様の安心を最優先にサービス提供をしています。 専用スマホアプリ『ビットレ君』で、本格チャート、本格取引 仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。 スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。 https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35B0XE+9DKSS2+3VI8+5YZ77
管理人おすすめ
管理人おすすめ
Science & Technology
管理人おすすめ
管理人おすすめ
仮想通貨 IOTAとは? ビットコイン ネム リップルより上がる?最前線情報を池上彰ホリエモンよりわかりやすく解説

IOTA高騰が事前に予測できていた理由
→https://valuclouds.net/l/u/KWZyVmDfhU
素人が仮想通貨で短期で稼ぐ手法を限定公開中 ↓
https://line.me/R/ti/p/%40bry1886j

ぜひ両方受け取ってください↑

▼IOTAがよくわかる動画BEST3
仮想通貨IOTA(アイオータ)についてとXRP(リップル)の上場予定などについて。

仮想通貨IOTA(アイオータ)についてとXRP(リップル)の上場予定などについて。

2018年の仮想通貨市場はヤバいです。
https://youtu.be/2FqY0s5xmUc

仮想通貨 BTCのハードフォーク(bitcoinplatinum)12月12日予定ビットコインプラチナムをもらおう!
https://youtu.be/rYYiMOyb4yc

IOTAコインとは

IOTAコインは、もののインターネット(通称:IOT)上でやり取りされることを想定されて設計された仮想通貨です。
仮想通貨は、ただの支払い手段だけではなく、支払いに目的別の機能を付与したものが多く存在し、
例えば他の通貨の話ですと、イーサリアムであればスマートコンストラクトという技術で、支払い行為に契約書を付与するような概念。
それと同じように、IOTAコインでは、支払いと同時にIOTの処理を行う、またはその逆、IOTの処理に決済を付与するということが可能になります。

まだまだ発展途上なので、あらゆることへの応用が想定されますが、イメージするために例を上げると、
スマートフォンから家のエアコンの電源を入れる、そうすると自動的に電気代の支払いがIOTAコインで行われる、というようなイメージです。
この技術は、現状だと間に挟む必要がある多くの事務手続きを必要ないものにし、最低限の処理だけでIOT処理を実施できることから
IOTのコスト削減ということにおいて非常に多きな注目を集めています。

IOTAの技術の特徴

通常、仮想通貨の取引をするということは、基本的にお金のやり取りであるため
ここからここへ送金、それを承認しブロックチェーンに記帳する(マイニング)という処理が行われます。
この作業には多くのコンピュータに分散処理を行わせる必要があり、この一連の流れには手数料がかかってきます。
IOTの場合、やり取りしたいのはあくまで小さな処理信号ですから、命令1個1個に対してかかる手数料というのは非常に致命的です。
この問題に対処するため、IOTAではブロックチェーンは使用せず、
その代わりにTangleという技術を使用し、コストがかからないトランザクションを実現しています。

Tangleとは
通常のブロックチェーンは台帳をすべてのコンピュータに分散させるためにブロックを使用しています。
このため、マイニングの際に大きな手数料がかかってきます。
ですが、Tangleはブロックを使用しない台帳を使用しています。
一般のブロックチェーン技術が全員参加型で処理を行うことに対し、Tangleは独自のアルゴリズムで処理に参加するコンピュータを抽出して処理を行います。
ブロックチェーンに似た動きをする構造により処理を行わせつつ、ブロックを使わない形をとる、独自の技術でトランザクションの手数料を無料にしています。
さらに、ブロックチェーンと同様に不可逆的な処理のため、セキュリティの安全性も担保されています。
これがTangleです。

IOTでは、セキュリティは非常に重要です。
インターネットを介して車の操縦が乗っ取られてしまったら、
ガスコンロが勝手に操作されてしまったら、
そう考えると恐ろしいですよね。

それをTangleによってたしかなセキュリティを提供することで安心してIOTを使うことができます。

今後の家電等の技術革新において、IOTAはさらなる躍進を遂げる可能性があります。
今後のIOTAのニュースも要チェックです。